ミルク子猫の飼い方・育て方

生後3週まではミルク子猫です

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

動物を飼うこと、飼いたいと思うことはとても簡単です。飼い始めるだけなら、すぐ飼うことができるでしょう。

産まれて間もない子猫で、母猫が一緒にいる場合は、母猫が世話をするので、飼育放棄をしていない限り、母猫のミルクを飲んで育ちます。産まれたばかりの赤ちゃん猫は、目も開いておらず、手のひらに乗るような大きさの、本当に頼りない存在なのですが、母猫のおっぱいを探して一生懸命ミルクを飲みます。

母猫がいない場合、ミルク子猫を保護した場合は、まずは、ミルクのお世話をしなくてはいけません。

絶対に牛乳をあげてはいけません

猫専用のミルクは、ペットショップなどで粉のもの、牛乳パックに入っているような形のもので販売されていますので、必ず専用のミルクを使ってください。牛乳は猫の体質に合わず、分解できないため、下痢や嘔吐の原因になりますから、絶対に使用しないでください。

粉の場合は、缶に描いてある分量で調乳します。慣れないとすごく濃いように思えるぐらい粉を入れるのですが、遠慮しなくていいです。大体のものが、付属のスプーンにすりきり1杯が10mlの量というものが多いのではないでしょうか?

粉タイプを調乳するときの水も、ミネラルウォーターなどのミネラル成分が豊富なものは不向きです。水道水を一度煮沸して使います。調乳した粉ミルクも、液状タイプのミルクも、ひと肌まで温度を調整してから、与えるようにしましょう。

子猫用の哺乳瓶で与えます

100ml程度まで入る小型の子猫専用の哺乳瓶が、ペットショップなどで購入できるので、それを使います。哺乳瓶の先も人間用のものより細く長い形です。

口元に持って行くと吸いつきますので、1日に5~6回、欲しがるだけ与えてください。

歯が生えてくると、上手く飲むことができず、哺乳瓶の先を食い破ります。気が付かないと、噛み切った部分がお腹の中に入ってしまいますので、気を付けましょう。口の周りにこぼす量が多いときは、要注意です。

ミルクを与えるのは、生後3週目ごろまでです。

乳歯が生えて、ドライフードやウェットフードを食べられるようになると、生後1カ月前後と思われます。生後3週間まではミルクメインで、そのころから徐々に離乳食への切り替えをしていきます。

哺乳瓶を嫌がる場合はスポイトかシリンジで

哺乳瓶を嫌がる子も時折りいます。時間はかかり、手間もかかりますが、スポイトやシリンジで少量ずつ出しながら飲ませてあげてください。

月齢が解らない、カリカリ(ドライフード)を食べない場合

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

動物を飼うこと、飼いたいと思うことはとても簡単です。飼い始めるだけなら、すぐ飼うことができるでしょう。

乳歯が生えてきていて、弱っていて食事も食べず、栄養をミルクで与えるしかない場合なのに、それでも哺乳瓶の先を噛み切って飲めないこともあります。カリカリ(ドライフード)を食べることを覚えていると、ミルクの飲み方を忘れてしまう子もいるようで、そんな時は哺乳瓶で与えることができません。

ミルクをお皿などで出しても飲まない場合、その時は、スポイトで少しづつ飲ませるか、シリンジで少しづつ与えるか、どちらかで対応しましょう。ミルクは栄養満点ですから、体力を取り戻せば、ウェットフードやカリカリ(ドライフード)を食べるように戻ります。なんとか頑張ってもらうために、頑張ってミルクを飲んでもらいましょう。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド