子猫の成長

子猫の成長のめやす

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

動物を飼うこと、飼いたいと思うことはとても簡単です。飼い始めるだけなら、すぐ飼うことができるでしょう。

あっというまに成長してしまう子猫たち。

大体の成長のめやすはコチラの表でご確認頂けます。これは、あくまで参考で、体重が少ないと心配になりますが、よく食べ、よく出して、元気に過ごしているのなら、そんなに心配することはありません。猫の大きさは、血統や性別、またその個体それぞれ大きく違いま3す。うちにいる子たちも、同じぐらいの年齢なのに、片方は6キロ、片方は3.5キロと同じものを食べて、1年半以上同じ生活環境で暮らしていても、差が出ることがあります。

子猫のころの生活環境や、栄養の摂取状態にも左右されるのかもしれないですね。

産まれてすぐ体重は卵Lサイズ1個分か少し大きいぐらい。平均100グラム前後です。オス・メスで体重差もあります。
生後1週目200~300グラムぐらい。オス・メスの判断がつくころ。また、この時期前後に目を開く子が多いようです。ぼんやり見えているのか、キトンブルーの目でじっと顔を見つめてくれています。まだ目ははっきりと見えておらず、個体の持つ本来の目の色ではありません。
生後2週目 250~350グラムぐらい。知らないもの、知っているの判断がつくころ。体がしっかりしてきます。
生後3週目 400グラム前後。そろそろ離乳の時期で、歯が見えてくるころ。ねこらしくなってきます。
生後4週目 約1ヶ月で450~500グラムになります。乳歯が生えそろう時期です。
1か月半 600~700グラム。良く動き回って、元気いっぱいのころ。柔らかい離乳食からカリカリへの移行が済むころ。
2か月 1キロ前後。遊ぶこと、じゃれることが大好きな時期です。800グラムを超えたら1回目のワクチン接種です。
3カ月 1.3キロ前後。1回目のワクチン接種後、1カ月後に2回目のワクチン接種。
4か月 2キロ前後。そろそろ永久歯が揃う頃です。
6か月 3キロ前後。早い子だと女の子の場合、発情が始めまるので、家庭内繁殖、また兄弟内での繁殖に注意。このころにははぼ永久歯が生え揃います。

子猫の成長のめやすを基に、年齢を推測する

子猫、成猫もそうですが、拾った場合、誕生日不詳、年齢不詳となります。

ただ、6か月以下の若い子猫の場合、その成長の段階から、ある程度の月齢を推測することができます。例えば、永久歯への生え変わりの時期の子猫であれば、大体6か月ぐらいだねということになります。

獣医師も体重と歯を参考にすることが多いようで、拾い猫の場合、痩せていることも多いので体重はあくまで参考程度でしか解らないのですが、歯の生え具合や、歯石の状態なども判断基準であるようです。

健康な子猫は、毎日体重が増えていきます

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

子猫を複数匹保護していると、どこ子が食べてどこ子が食べてないのか、解らなくなる時があります。

子猫の体重は、健康であれば、排便による前後はありますが、必ず毎日少しづつ、必ず増えます。

従って、文字に体重が増えてないということは、食べてない、もしくは何らかの原因で食べられない等の心配があるということ。子猫のころの体重の減少は命にも係わりますので、早めにというか、すぐ動物病院にかかってください。

恥ずかしながら、私もそのような経験があり、最近では子猫が確実に食べるようになるまでは、毎日、朝晩必ず体重を測るようにしています。1kgまではキッチンスケールで、それ以上は体重計で計っています。その時は疑問に感じつつ、食べてると思っていたら、すぐ食べるのを、やめて大した量を食べていなかったのです。ギリギリのところで気が付き、とりとめはしましたが、気づくのがあと少しでも遅かったら、虹の橋はもうすぐそこに見えていたのかも知れません。彼女の一件は、これからもずっと忘れないと思います。

フードを食べられない場合は、応急処置でミルクをシリンジやスポイト飲ませたり、猫用のイオン飲料(ぶどう糖など)を使います。病院は補液をしてもらい、異常がないか健康診断をしてもらってください。脱水症状だけは招かないように細心の注意を払います。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド