子猫と遊ぶおもちゃ

子猫は遊ぶこと、遊んでもらうのが大好きです

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

猫は、小さくてかわいいけれど、ネコ科の動物で、ライオンやトラの仲間です。

ライオンやトラが狩りをするように、猫も本能をして狩りをすることを覚えており、狩りで本能を満たしたり、健康な体作りになる運動をします。育った環境で、ねこじゃらしなどのおもちゃを怖がって、最初は警戒したり、ひたすら無視することもいるのはいますが、安全だと解ると、目の色を変えて遊ぶようになります。

特に子猫はどの子も遊ぶことは大好きです。遊びの中で、ちょっと順番を待ってみたり、工夫して捕まえようとしたり、捕まえたものを一生懸命確保するために威嚇して声を出してみたり、その姿はとてもかわいらしく、いつの間にか遊んでいる方が遊ばれているような気持になるほど、夢中になるものです。

おもちゃは危なくないものを

おもちゃ選びの基準は、危なくないものがおすすめです。尖っていたり、ささくれていたり、口や手で摑まえるのですから、そのようなものは全く向きません。

ちょっと髙いものを良いのかと思って買っても、相手は夢中になればなるほど本気で狩りをしてくるのですから、すぐに壊れたりします。

色々ペットショップにおもちゃが販売されていますが、枕をケリケリするものやボールなど、動きがダイナミックなものより、やはり猫じゃらしが人気です。色々なタイプのものがありますが、最終的には長く遊んでいられるオーソドックスな猫じゃらしが、いつまでも人気のおもちゃです。動くものによく反応するので、一人遊びより、人間がじゃらしや紐を振ってあげるだけで、目の色を変えて追いかけてきます。

またトンネルなども人気で、穴から入ってみたり、出てみたり、カサカサ音が鳴るものに興味が剥く用です。また色は赤などのはっきりした色が良いようです。

猫によって、お気に入りのおもちゃが違います。猫じゃらしはたいていの子が飛びつきますが、小さなネズミのような大きさのおもちゃを転がして遊んでいたり、、大きいぬいぐるみをぶんぶん振り回していたり、猫それぞれの楽しみ方があるようです。

おもちゃがないなぁと思っていたら、大事そうに隠してあったりして、思わず秘密の隠し場所をみつけることもあります。

おもちゃは買うばかりでなく、あるものでもOKです

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

言わずと知れた段ボールも人気です。紙袋やポリ袋も大好きで、入ってみたり、載ってみたり、しばらく盛り上がって遊べます。

ポリ袋は窒息の恐れもあるので、それだけは十分に注意してくださいね。

特にAmazonの段ボールはなぜか猫に人気です。なぜか聞けるものなら聞いてみたいところです。


猫同士の激突に注意

特に子猫同志、子猫が混じって複数で遊ぶときは、それぞれの安全を確保して遊んでください。

髙いところのおもちゃに狙いをつけてジャンプをしたりしますが、落下のことは猫は全く考えていません。下に猫が入れば、遠慮なくその上に落ちます。大猫が子猫の上に落ちると、怪我の原因にもなります。

じゃらしなどを追いかけるときも同様です。大猫同士での遊びは、それぞれに順番待ちをしてそれなりに上手に遊ぶのですが、子猫がいる場合は、子猫がそんな暗黙ルールは全く無視します。我先にと飛び出して、だれがどこにいるのかなんて全く気にしない様子で遊びます。

楽しい遊びが思わぬけがをまねかないように、気を付けて遊んでください。

人間も流血に注意

猫は爪を出して狩りをします(遊びます)。猫じゃらしなどのおもちゃをを捕まえてるつもりが、空振りをして足にグサッと刺さったり、追いかけっこの通り道になったりして、流血することもあります。

人間の安全も確保して遊ぶようにしましょう。

誤飲・誤食に気を付けて

ペットボトルのふたや、小銭、飴の小袋もいいおもちゃになるようで、猫パンチホッケーを夢中ですることがあります。ただ、このような小さくて口に入る大きさのものは、出来るだけ遊んでいるところを見つけたら、できるだけ別のものに取り換えてあげてください。

間違えて、何かの拍子に呑みこむと、吐き出してもらう処置が必要になります。嘔吐をくりかえしたり、食欲がなくなったり、なんらかの異常をきたすこともありますので、夢中で遊んでいるからと安心しないで、何で遊んでいるのかを注意してみてあげてください。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド