子猫にあげるおやつ

おやつはあくまでおやつ

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

猫用のおやつは、犬用ほど種類が多くなく、ペットショップなどでも数が限られており、その中でも猫の好みがあって、購入する種類は限られてくると思います。何を食べて食べないのかは、与えてみないと解らないですし、食べてると思っていても、ある日突然あまり食べなくなったり、気ままな猫さんらしい反応を見せてくれます。

おやつは、あくまでおやつとして与えてください。分量を守らないと、おやつを食べすぎて、食事ができなくなることもありますので、ご褒美やたまーにあげるのがポイントです。

カサカサというパッケージを開ける音などでも、おやつと思って寄ってくるようになります。

小さ目の子や栄養状態によっては、ミルクがおやつもOK

猫用のミルクは完全栄養食で、弱っている子でもミルクをなんとか飲んでさえしてくれれば、元気を取り戻すことができる強い味方です。

栄養状態が悪く、標準体重より小さ目の子には、おやつとしてミルクを与えるのがおススメです。卒乳していても、ミルクをお皿からぺろぺろと飲んでくれますよ。

人間の食べ物は、猫にはあげないでね

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

猫さんが人間の食べ物を見て、欲しいものがあったり、興味があると、じーっと可愛らしい目で見つめられたり、クンクン鼻を小さく動かしたり、可愛らしい鳴き声で「にゅvv」「きゅんvv」なんて言われると、食べていてもおねだりをされているような気になると、つい「欲しいの?」「食べる?」なんて言葉が出てきそうになるから不思議です。

特に、野良生活の経験があり、なんらか飢え状態を経験している子にその傾向が強いように思います。

人間の食べ物(おやつや、できあがった食事など)を少しならいいかと、分けてあげたくなる気持ちは解りますが、猫が食べられないものもたくさんあり、人間の食物は塩分や糖分などが多すぎて、猫の健康を害する恐れがあるので、絶対に分けない、あげないと決めてください。少しぐらいが積もると、塩分の摂り過ぎや肥満など、結局は猫の寿命を縮めることになり、予測もしない病気、慢性疾患などを招きます。一時的に嘔吐や下痢などをみることもあります。

ねこまんまといって、ご飯にお味噌汁をかけたものなどありますが、あれも塩分多すぎでダメです。鰹節なども、猫専用のものがありますので、猫用に作られたものを購入して、あげるようにしましょう。

おやつやカンカンなど、たまにあげる大好きなもので、サインをつくっておく

カンカンを開けるとき、おやつの袋を開けてあげるときなどに、カンカンならカンカンをスプーンで叩いて音を鳴らしたり、おやつの袋を挙げるときに鈴を鳴らしたり、何らかの合図を普段の生活で覚えさせておくと、万一の時に役立ちます。

例えば、思わず脱走してしまった場合、家の中でどこを探しても出てこない場合、カンカンをスプーンで叩く音で美味しいおやつのお知らせ合図を猫にインプットさせておけば、「!!」となり、出てきます。

猫さんの食べ物に関することに対する記憶(というのでしょうか)がなかなかのもので、最初のうちは音と食べ物の関係は解らなくて当然ですが、何度か繰り返しているうちに、意外に早い段階で、そのうち覚えます。最近ではお皿の音でも寄ってくるようになり、たっぷりごはんあげてるんだけどな・・・苦笑 なんて思うことも、しばしばです。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド