生後何か月?

この子は生まれてどのくらい?

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

猫は大抵1年ぐらいで、大人の姿になります。最初の1年間で生まれた100グラム前後の身体から、3~4キロの成猫の形になります。

したがって、若い猫ほど年齢の推測はしやすいのですが、それでも、拾い猫の場合、2キロ前後で痩せていて、歯が乳歯ではないですね、多分生後半年は過ぎていると思います、というような非常に曖昧な憶測しかできません。

女の子の場合、避妊手術をしていなければ、早い子だと生後6か月、生後1年の間にで発情する傾向もあります。その時期などでも、あくまで推測ですが痩せていて体重が2㎏前後の若いメス猫の場合は、生後6か月以上であるだとうと年齢をある程度推測することもできます。

子猫の場合は成長の目安を参考にして判断します

生後半年ぐらいまでの子猫は、その成長の段階により大きく特徴が違いますので、成猫ほど解りにくいものではありません。

誕生日を特定することは難しいのですが、例えば5月の初めぐらいの生まれ、秋生まれなど、体重や歯の生え方なので、推測することができます。

解らない時は、いま月齢はどれぐらいでしょうか?と動物病院の先生に尋ねてみましょう。

月齢や体重を知ることにより、食事を年齢に応じた量を与える時の参考にしたり、避妊手術の予定などが立てやすくなります。

成猫になると、解りにくくなります

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

子猫や若い猫の場合は体重や歯の様子である程度推測はできますが、それ以上になると難しくなります。特に生後5年前後は、歯の状態や色、歯石の付き方などで判断するのですが、最初の判断と、しばらくたってからの判断で違う年齢になることもあります。思ったより歯石の付き方が遅いなどなど、理由は様々です。

完全室内外の家猫の寿命は、ここ近年約18~20年と言われていますので、最終的には逆算になってしまうこともあるでしょう。それほど成猫の年齢の判断は難しいところがあります。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド