完全室内飼いについて

完全室内飼いの是非

完全室内飼いの是非についても、人によって、家庭によって考え方は様々です。このサイトでは、完全室内飼いを推奨する内容を掲載しています。

完全室内飼いとは

猫を家の中だけで飼うことです。

猫を家外自由で買うのも、家の中で飼うのも飼い主さん次第なのですが、完全室内外は、飼い猫のテリトリーを家の中だけとしてしまい、外には出さないで飼うことを言います。

是非はともかくとして、メリットとしては、外での車などによる事故やケンカなどによる外傷を防げること、迷子や連れ去りの心配がないこと、ウィルス等を外部から持ち込んだりする可能性が低いこと、ノミダニなどの害虫の心配が減ること、また外での猫の行動を把握しきれないために起こる他の方への迷惑をさける(糞害や人のお家の庭を荒らす、侵入する)こと、避妊手術を行っていない場合、目の届かない場所での望まれない妊娠等を避けることなどが挙げられます。

猫は外で自由に暮らすもの、だから家の中だけでは可哀そう、というイメージが強く、是非が分かれるのも否定はできません。けれども、完全室内外には、それなりの理由があり、病気や外傷などのリスクをできるだけ回避させ長生きしてほしい、猫がかける他の方への迷惑を減らすなどのメリットもあるのです。

脱走防止策

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

完全室内外にする場合、脱走できないように工夫が必要です。

脱走と言うと出てしまいたいというイメージの言葉になるのですが、猫としては部屋の中のドアをくぐるのと同じ(だと思うのです)で、隙間があったらそこに入りたくなる、開けてみる、入ってみたらその先が部屋ではなく、外だった、人間が大騒ぎするという感じです。中途半端に空いているドアや網戸は開けたくなりますし、これがまた上手にあけるのです。

網戸用のロックや、玄関におけるフェンスなど色々アイテムがありますので、上手に利用するとよいでしょう。また、思わずいなくなっているとき、明らかに外に行ってしまった時に、やはり首輪をつけて、名札がついているならば、安心です。目につきにくい場所に身を隠していることが多いため、首輪の鈴の音に助けられることもあります。

猫が嫌いな人も、います

猫好きがいる反面、猫が嫌いな方もいっぱいいます。何とも思っていない方も、いっぱいいます。これは自分が猫を飼うようになって、より深く解ったことで、嫌いな理由もそれぞれに納得です。畑を荒らされたり、庭に糞だけを残して行ったり、庭のものを壊されたり、発情期の鳴き声やケンカの声に悩まされたり、車で轢いたことのある経験のある方、様々です。

私が好きだからみんなも好き。みんな可愛がってくれるから、なんてことは、ないのです。

だからこそ、うちの猫は少なくとも完全室内飼いにして、猫を何とも思わない方、嫌いな方に迷惑をかけなくていい場所を、私達猫が好きな家族と共有し、安心してのんびりと過ごしてほしいと願います。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド