子猫の里親を探す

幸せに安心して暮らせるような里親をを探しましょう

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

拾った子猫を里親募集できるまで育て、この子を飼いたいけど、飼えない環境にあり、里親募集をする場合、願うことはこの子達が幸せに安心して暮らせる環境を見つけてあげたいということに尽きます。

里親募集には、様々な方法がありますので、自分に向いた無理のない方法で里親探しをしましょう。


友人・知人を介して

知り合いや、知り合いを介して、猫を飼いたいと思っている人を広く募る方法です。

募る範囲は狭いですが、知り合いや友人だと多少安心感があります。友人の場合、その後の様子を見ることもできるでしょう。すでに猫を飼っている人で興味のある方の場合、毛色などの特徴の他に、必ずワクチンの有無や血液検査の結果など、先住猫と一緒にできるかどうかの判断をするための材料を聞いてきますので、必ず応えられるようにしておきましょう。

インターネットで

インターネットでも、里親募集の掲示板やホームページなどで、広く里親を募っているコミュニティがあります。但し、匿名性が高く、トラブルがつきものであることを除けば、一番広く募る方法でしょう。

インターネットでの里親募集は写真が命です。ベストショットの写真と月齢、毛色などその特徴などを詳しく記載し、譲渡の条件や譲渡可能地域、引き渡しの方法などもあらかじめ掲載しておきます。連絡先等の掲載も必要です。

先にも記しましたが、動物売買の悪徳業者や虐待目的など、匿名であることを逆手に取ったトラブルが絶えないのも否定できません。その可能性も含め、自分で気を付けるしかありません。

スーパーや動物病院などへの掲示

近隣のスーパーやコンビニ、動物病院などで里親募集の掲示ポスターをご覧になったことのある方もいらっしゃるでしょう。範囲はその地域になりますが、よく使われる方法です。

A4サイズぐらいのポスターであったり、名刺サイズのものであったり形は様々ですが、協力してくれる店舗や施設などがあればこの方法も有効です。

里親が決まって任せたら、それ以上の干渉はトラブルの元です

自分が大切に育て子の里親が決まり、その子のその後が気になるのは仕方のないことです。

しかし、自分の思っていたような環境で暮らしていない、メールでの連絡が少ないなど、虐待などのトラブルの場合は早急に対応が必要ですが、ごく普通の家庭でごく普通に生活できる環境であり、譲渡時の約束を守っているにも関わらず、不平や不満を募らせ、せっかく見つかった里親さんから取り戻すというトラブルもあり、これでは里親に名乗り出た方にもとても嫌な思いをさせます。

育て親として、後は任せて、影から幸せを祈り、見守る。その気持ちを忘れないことです。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド