子猫とお風呂

猫をお風呂にいれるべきかどうか?

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

テレビで、猫がお風呂にご主人さまと幸せそうに入っているのを見て、うらやましく思います。

うちの子たちは、もうすでに成猫ですが・・・無理です。お風呂は人間が入っているところをやんややんや覗きに来て、お風呂のお湯をなめたりするのは大好きなのですが、自分がお風呂に入ることはほとんどの子が嫌いです。

お風呂について、長毛種の子は1~2か月で定期的に入れてあげないと、全身が脂っぽい感じになって、べっとり感が出てきます。短毛種の子は自分でキレイにするので、そんなに頻繁に入れる必要はありません。

短時間で済ませる

長時間かけて温めるというよりは、ざっと洗って、さっと済ませてあげるほうが吉です。猫の体温は人間より高く大体39度前後。しっかり洗ってシャンプーを落としたら、しっかりタオルドライして乾かすようにしましょう。

音に敏感、驚かさないこと

猫は音にとても敏感です。特に閉め切ったお風呂内では音が響くこともあり、もともとオドオドしている状態なので、ビックリしやすいです。

シャワーを使えると便利なのですが、シャワーの聞きなれない音に拒絶反応を起こしてパニックになる子もいます。シャワーを音がクリアできるなら、出来るだけ身体に近い位置から跳ね返りが少ない状態で使うのがおススメです。

シャワーが使えない場合は、湯船に使うお湯を準備しておいて、いくつかのふろおけやバケツなどに汲んで、すぐ使えるようにしておきましょう。ビックリした猫が湯船に飛び込むこともありますので、湯船のお湯は少なめに張るようにして、万一落ちても溺れない量にしておいてくださいね。

ペット用のシャンプーなどお風呂用品は、ペットショップで販売されています。ノミダニへの効果があるものなどもあります。人間用のシャンプーなどは香料が強く、成分の面でも、身体をなめる習性をもつ猫に使うものですから、おすすめできません。

最初が肝心

お風呂を怖がらない子にするためには、最初が肝心だそうです。

最初にお風呂は怖いところ、嫌なところと覚えてしまうと、なかなかそのイメージを払拭することは難しくなります。小さいころに、お風呂=気持ちいいところと覚えてもらえれば、お風呂に入ってもらうのも、苦にならないと思いますよ。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド