猫を育てる環境作り

猫を初めて飼う場合、環境づくりが必要です

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

突然猫を拾って、そのまま飼うことになる場合以外、あらかじめ猫を迎える準備を整える時間があるので、必ず整えておきましょう。

猫は高いところに飛び乗ったり、思わぬ場所から思わぬ場所へ飛び移ったり、若い猫ほど活動的で元気いっぱいです。高い場所、狭い場所が大好きで、掃除の行き届いてない場所で、モップのような仕事をすることもあります・・・。片づけられるものは片づけ、壊れては困るものは棚の中などに配置しなおしましょう。人間の食べ物も手の届く場所に置いておかないことをおすすめします。

脱走についても、窓だったり、網戸だったりちょっとの隙間に手をかけ、爪をひっかけて開けることもできます。網戸のロックをホームセンターなどで購入したり、脱走防止柵などを用意して、完全室内にする場合は、脱走できないような工夫をしなくてはなりません。

またトイレの場所の確保、寝床の確保(ケージを使う場合は、ケージの置き場所)が必要です。

アパートや、マンション飼いについて

最近では、アパートやマンションでも猫OKの物件が増えてきて、一人暮らしの方でも飼いやすい環境になってきました。ただ、やはり禁止の物件なのに、買うことは飼い主さんにとっても、その猫さんにとっても、幸せなことではないと思います。解らないから、一時的だからというのは、とても身勝手な自分本位の意見です。残念ながら、猫を好きな方ばかりでは、ないのです。

ルールは守り、大家さんや管理会社、ご近所迷惑にならないように、ペットを飼うことは、大前提です。

子供のいる環境

猫はしつこく構われるのを嫌います。甘えたい時は激しく甘えにきますが、こちらが構いたい時にその気でないと、すぐどこかへ行ってしまったり、我慢の限界を超えると明らかに嫌そうな態度を見せます。

大人はそこでやめることもできるのですが、子供はそうもいきません。大きな声で驚かせたり、執拗に追いかけたり、乱暴に扱うと、猫によってはとても怖がらせてしまいます。子供のいる家庭で猫を飼うときは、その扱い方や接し方を、大人が根気よく教え、仲良く暮らせる環境づくりに協力してあげてくださいね。

先住猫がすでにいる場合

子猫飼育.net 子猫の育て方や飼い方の初心者ガイド

すでに猫を飼っていて、そこに迎える場合は、ほとんどの環境は整っているであろうと思います。ただ、先住猫とのご対面の仕方によっては、永遠に仲良くなれないこともあります。

新入り猫はあくまで先住猫が存在をみとめて、縄張りに入ることを許されてから一緒にします。でないと、自分のテリトリーにいきなり侵入者が来た!となって、警報発令で家庭内警戒態勢が続きます。

まずはケージや別部屋で、お互いに「自分以外に何かいるな」ということに、数日の間その匂いや気配でお互いを慣らしてください。ガラス越しで対面させながら数日すごし、ああいるのねという感じになれば、そろそろ。フリーの時間を設け、少しづつその時間を増やしていきましょう。無理に対面させるのではなく、人間はできるだけ自然に知らん顔(でもしっかり見てる感じ)がおすすめです。

一緒に寝る姿や、みんなで遊んだり、猫団子をみたい気持ちはよく解りますが、とにかくあせらない。ご対面は最初が肝心ですよ。

子猫の飼育方法や飼い方のガイド